スタッフBLOG

戸建て住宅の新耐震と旧耐震、あなたが選ぶ基準はどこ?

2020年 03月 03日 (火) 16:18

まとめ

耐震基準の新旧について紹介しました。

新耐震、旧耐震はわかりやすく付けた呼び方です。

正確には1981年5月31日が境目と

覚えて頂ければお役に立てると思います。

新耐震・旧耐震は地震に対する強さが違います。

新耐震基準が優遇されていますが、

旧耐震基準も耐震改修などを行えば

新耐震基準並みの優遇を受けられます。

ぜひ、参考にしてください。

 

 

戸建て住宅の新耐震と旧耐震、あなたが選ぶ基準はどこ?

2020年 02月 19日 (水) 18:05

新耐震、旧耐震にかかわる制度

 

新耐震基準、旧耐震基準にかかわる制度は、

地震に対する強さの基準とお金に関する基準の二つに大別できます。

古い建物が災害に対してリスクの高いことや、

省エネ・環境性能が低い点からなどから、

新耐震基準で建てられた建物は各所で優遇されています。

 

地震に対する強さの基準 ・建築基準法

新耐震基準と旧耐震基準の違いは、建築基準法にあります。

1981年に地震に対する強さの基準が変わり、以前よりも大幅に強度が引き上げられ ました。

1981年5月31日以前に建築確認を取得した木造住宅は地震に対して弱い作りになっています。

・耐震改修促進法 旧耐震基準で建てられた建物をそのままにしておくと、

地震で沢山の損壊を受けることが今までの経験で分かっています。

行政が少しでも被害を減らすために成立したのが耐震改修促進法です。

地震に弱い建物の耐震改修を行い、今の基準に引き上げ被害を減らすことが特徴です。

地震に弱い木造住宅に補助金を出すことで、少しでも耐震改修が進むようにしています。

・住宅性能表示制度 より良い建物を、

地震に強い家を建ててもらうことを狙い制定された制度です。

「耐震等級」というキーワードを聞いたことのある方も多いと思います。

より地震に強い家を建てた場合、それを公的に証明して補助金を出す制度です。

耐震等級には等級1から3まであり、等級3は建築基準法と同程度です。

最高の等級3は建築基準法で決められた1.5倍の強さがあり、

消防署や市役所などの地震時に避難するための公共建築物と同程度の強さに決め垂れています。

 

お金に関わる部分

・住宅ローン減税    新築を建てたり、築浅の中古物件をローンで購入したりすると

ローン残高に応じた減税が受けられるのは一般的なお話です。

戸建て住宅の新耐震と旧耐震、あなたが選ぶ基準はどこ?

2020年 02月 10日 (月) 17:04

新耐震と旧耐震の違い

 

新耐震、旧耐震という言葉をよく見かけます。

ところが不動産広告や物件情報をみてもどこにも出てきません。

この言葉、難解な法律を分かりやすく区別するために使われる言葉です。

きちんとした表現が必要な書類には乗せられないのですね。

 

新耐震と旧耐震の境目

新耐震基準と旧耐震基準を分けるには、分かれ目が大切です。

新耐震・旧耐震基準の分かれ目は1981年5月31日です。

この日までに確認申請がされた建物を旧耐震基準、

この日以降はすべて新耐震基準となります。

確認申請の日というのがポイントで、実際に建ったのはこれより後になってしまいます。

中古物件広告の多くには建築年月日が記載されていますが、

建築年月日からは新・旧耐震基準のどちらに適合しているのか調べられません。

確認申請日を調べるには、市町村の建築指導課に行き調べる必要がありなかなか難しい所です。

 

新耐震と旧耐震の強度の違い

新耐震と旧耐震を比べると、新耐震基準が地震に対して強い建物です。

新耐震基準では、一般的に震度6強~7程度の地震に対して倒壊しないことを規定しています。

一方、旧耐震基準は震度5程度で即座に倒壊しないことを規定して基準が作られました。

震度5は、2016年に発生した熊本地震に限らず1年のうち全国各地で複数回発生しています。

自分の住んでいる家が、震度5に合う確率は高くありませんが不安を覚えることは確かです。

次回は、新耐震、旧耐震にかかわる制度についてです。