スタッフBLOG

ぺルセウス座流星群 今がチャンス

2018年 08月 10日 (金) 08:18

観察チャンス

11日~14日

真夏の夜を彩る「ペルセウス座流星群」が見ごろを迎える。

国立天文台によると、11日~14日は月明かりの影響がなく観察のチャンス。条件が整えば1時間に40個ほど見られる可能性もある。

北東の空、ペルセウス座近くにある「放射点」から四方八方に星が流れる。

放射点が高く上る13日未明が観測のピークで、12日夜と13日夜、14日未明も適している。 暗さに目が慣れるまで15分間は待つのがコツという。

ペルセウス座流星群は、冬の「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」と並ぶ三大流星群。

次のような条件を満たす条件だと多く見えることが期待できます。

1.活動が活発な流星群が極大の時刻前後

2.放射点が高い

3.月明かりがない

4.人工の明かりが少なく、空が広く見渡せる場所

なお、雲量などの天候にも影響されることは言うまでもないでしょう。よく晴れた夜、なるべく上の条件が満たされると、多くの流星を見ることができるでしょう。

見る方向を気にする必要はありません。ただし、月のある方向を正面にして観察するのは避けたほうがよいでしょう。

望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具は必要ありません。肉眼で観察してください。

群流星の判定例

流星群に属する流星を「群流星」と呼びます。しかし、極大期で群流星がたくさん流れる時期であっても、流星群ではない「散在流星」と呼ばれる流星も、もちろん流れるのです。ペルセウス座流星群の活動を調べるためには、「群流星」と「散在流星」を区別して数える必要があります。まずは流星が、「放射点」から流れてくるように見えるかどうかを、チェックします。一般的に放射点に近い場所に現れた流星は、経路が短く、放射点から遠い場所では、経路が長く見えます。もし放射点に近いのに、とても経路が長い場合は、群流星ではないことになります。また逆に放射点から離れているのに、とても経路が短い場合も、群流星ではないことになります。

ペルセウス座流星群の放射点の位置を示した図

 

カリフォルニアスタイル

2018年 08月 06日 (月) 14:18

9月にopen house開催いたします🌴🌊🌊🎶
兵庫県北部、京都府北部の方アメリカンスタイルのお好きな方、ビーチスタイルのお好き方、

お待ちしております

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

 

乞うご期待を!!!

 

 

薬膳のススメ(2)

2018年 08月 06日 (月) 13:47

暑くてたくさん汗をかいたら、体から出た水分を補充しておかないと、体の中の冷却水不足が起こります。 これが、のぼせや熱中症の原因になります。

熱中症は、

体に中庸(バランスの良い状態)よりも熱がたくさんこもっているので、熱を取り除きながら水を補給してください。 この水は体に必要な水で、水を飲んでも増えません。 トマトやナス、ゴーヤなどの夏野菜を多めに食べてください。 特にトマトは熱を取るとともに体に必要な水分を作るので、おすすめです。

のぼせは、

中庸よりも冷却水が少ないことから熱さを感じているだけで、本当は体に熱がこもっていません。 体を冷やすのではなく、冷却水を増やす山芋、オクラ、豚肉、豆腐などを食べてください。

前者の暑がりタイプの方は、

のどが渇いたときに水分を一気に飲んでも構いません。

後者ののぼせタイプの方は、

のどが渇いても一度にたくさん飲まない方がいいでしょう。 もし必要以上の冷たい飲み物を飲むと、胃腸が冷えてしまいます。 自然界の動物が寒いと冬眠するように、消化吸収システムは寒いと動かなくなります。

そうなると、食べたものから体を動かす気を作ることができず、内臓も動かず疲れやすくなります。

そんなとき、元気を付けようと焼き肉など消化が悪いものを食べると、下痢をしたり体調を崩して体力が落ちて夏バテしてしまいます。

体の熱さをのどの渇きと飲む量でチェックして、胃腸を健やかにして元気に夏を乗り切ってください。

(産経 「薬膳のススメ」池田のりこ氏より)